活性酸素が美肌分子を破壊、美容への悪影響について

太陽から降り注ぐ紫外線によって生じるシミやシワ、いわゆる光老化と呼ばれる現象で、この進行を防ぐために日傘や日焼け止めクリームでこまめにブロックする必要があります。

 

エネルギーレベルの高い紫外線が照射されることで皮膚組織に大量の一重項酸素(活性酸素の一つ)が発生することにより、コラーゲンやエラスチンなどの美肌タンパクを攻撃して構造を壊していきます。

 

タンパク質の構造がくずれると本来の機能が果たせなくなり、水分保持や弾力維持が難しくなり、結果的にシワやたるみなどとして表面化されてきます。

 

活性酸素を生み出す原因は太陽光のみでなく、喫煙や不規則な生活、社会的ストレスや運動不足など、日常生活の乱れとともに活性酸素の発生率が高まりますし、その除去率が低下していきます。

 

エイジング(老化現象)を防止するためには、いかにして活性酸素を生み出さないようにし、どのようにして排除していくのかが重要になります。

 

こちらでは活性酸素とエイジングの関係を中心にまとめていきます。

活性酸素とエイジング(老化現象)の関係記事一覧

太陽光に含まれる紫外線や喫煙による有害物質、さらには仕事のプレッシャーからくる精神的ストレスや日々口にしているおやつなど、あらゆることが原因となり体内で発生する活性酸素がしわやたるみ、さらにはしみの原因にさせなることが分かっています。しわとたるみは深く関係していて、弾力とハリのある肌を支えているのはコラーゲンとエラスチンです。これらはタンパク質であり、特徴ある構造をたもち各々が協力することで綺麗な...