無作為に美肌分子を攻撃し、正常な機能を狂わせる活性酸素

太陽光に含まれる紫外線や喫煙による有害物質、さらには仕事のプレッシャーからくる精神的ストレスや日々口にしているおやつなど、あらゆることが原因となり体内で発生する活性酸素がしわやたるみ、さらにはしみの原因にさせなることが分かっています。

 

しわとたるみは深く関係していて、弾力とハリのある肌を支えているのはコラーゲンとエラスチンです。これらはタンパク質であり、特徴ある構造をたもち各々が協力することで綺麗なお肌を保つことができます。

 

しかし、活性酸素による酸化反応によってタンパク質が酸化されると特長ある固有の構造が保てなくなり、本来の機能まで失って弾力やハリまでも喪失していきます。したがって、美肌に必要なタンパク質を活性酸素から守ることが大切であり、それを助けてくれるのが還元作用のある水素水です。

 

メラニン色素の蓄積が表面化するシミについては、肌のターンオーバーを活発にしてあげることで薄くすることができます。しかし、細胞の働きが狂ってしまうとこの働きが鈍くなり、新しい皮膚細胞の入れ替わりがスムーズに行われなくなります。すると、しみの濃度がだんだんとアップしてきて、気がついたら基礎化粧品のみでは消せない状態になってしまうのです。

 

タンパク質のみでなく肌細胞の働きを狂わすのが活性酸素です。細胞自体がタンパク質を含む複数の生体分子で構成されており、各々の機能が絶妙に組み合わさることで各細胞は活発に働いてくれます。

 

ここに活性酸素が近づいてきて酸化による攻撃をしかけられると、正常細胞の働きが微妙にずれてきて、一つの現象としてターンオーバーがスムーズに行われなくなり、しみとして表面化されるのです。

 

活性酸素による悪影響は多岐にわたり、特定することはできません。それが存在する限り手当たり次第攻撃をしかけるわけで、その対策としては不必要な分を排除することに尽きます。それを可能にするのが水素水であり、毎日引用することに寄って全身に水素が行き渡るので、近くにいる不要な活性酸素を無毒の水に変換し、その結果、しわ・たるみ・しみのできにくい美肌体質へと着実に変えていってくれます。