水素水の効果効能を解き明かす臨床試験データ

万能な水と称される水素水は臨床試験によって、期待される効果効能を科学的にも証明されています。こちらでは最新の臨床試験データー随時更新していきます。

 

老化・ボケ防止

 

高濃度水素溶解精製水の飲用が脳での活性酸素発生率を27%減少させた。(東邦大学石神昭人教授ら。2008年8月オランダ学術誌)

 

動脈硬化

動脈硬化が生じやすいマウスに水素水を4ヶ月飲ませると動脈硬化が抑制された。(日本医大加齢化学)

 

<美容作用

新規の高濃度溶存水素水による抗ガン効果と活性酸素抑制効果。紫外線でできるシワを防ぐ美容効果を発表。(県立広島大学三羽信比古教授ら。2006年3月日本薬学会シンポジウム)

 

心筋梗塞

水素ガスの吸入によって心筋梗塞・虚血再灌流障害を軽減。(慶応義塾大学再生医学と日本医科加齢化学)

 

糖尿病

水素水を2型糖尿病患者に与え、その効果を調べたところ、脂質と糖代謝が改善され、耐糖能障害が抑制された。(京都府立医大)

 

メタボリック症候群

メタボリック症候群の予備軍と診断されたヒトに水素水を飲ませたところ酸化状態を軽減させた。(米ピッツバーグ大学)

 

抗ガン作用

水素は細胞傷害性活性酸素にのみ選択的に還元作用し、治療に有効な抗酸化剤として機能する。(日本医科大学大田成男教授ら。2007年5月米ネイチャーメディシン)