運動の直前直後、どのタイミングで水素水を飲むべきか

人間の体から放射される赤外線を分析して熱分布が写真でわかるようにしたサーモグラフィー検査によると水素水を飲むことで体温上昇が確認できており、なおかつ飲用者の体重が着実に減少していくことから水素水ダイエットの人気が上がっています。

 

これは水素が活性酸素を還元することによって細胞内のタンパク質である酵素など生体高分子の活性が保たれて、結果的に脂肪燃焼効果を高めていると考えられています。これによってカロリー消費量もあがるので、確実に余分な脂肪を減らして体重減少につながっていくわけです。

 

ところで、運動をする前と後のどちらに水素水を飲むと脂肪燃焼効果が高まるのでしょうか。

 

これについて科学的データが取れていないのですが、運動前でも中でも後でも、水素水を適量飲むことで着実に体重減少に効果的であることは各メーカーの商品紹介からもわかります。ですので、飲み過ぎることによる胃もたれに注意して、少しずつコマ目に摂取することが大切ですね。

 

>> 水素水の飲み方

 

どれくらい飲めばいいのか、どのタイミングで飲むと体にいいのかまとめていますのでご参考下さい。

 

本題に加えて、疲労度の面を考えると水素水は有効であることがわかります。運動など過度なストレスを細胞に与えると酸化物質を生み出して疲労の原因になるのですが、酸化反応を水素で抑えることにより、運動後の疲労感を軽減させることができるのです。

 

運動のみならず、私たちは疲れると活性酸素が体内に生じて細胞を炒めています。これが倦怠感だったり、頭がボーッとしてスッキリしない現象となって表面化しています。そうすると、ダラダラと日々を過ごしてしまい、この怠慢によって着実に脂肪がお腹を中心に蓄積されるでしょう。

 

水素水をのんで体と頭がシャキッとしたという旨のお客さまの声があります。あれは、水素の還元作用によって体内の酸化反応を少なくし、疲れの原因をできるだけ排除していることが一番の理由だと考えられます。

 

水素水の力は脂肪燃焼効果をアップさせるのみならず、体調をベストな状態に保つ役割を果たすことで間接的に日々のカロリー消費量アップにつながっていくことが期待されます。

関連ページ

水素水で脂肪燃焼が促進されて痩せるのは本当なの?
水素水を飲むと脂肪燃焼が促進されてダイエット効果があるとされていますが、どんなメカニズムで痩せることができるのでしょうか。まずは脂肪燃焼について理解するとともに、どの部分に水素が深く関わっているのか考えてみます。