医学的効果が期待されるメディカルガスとしての水素

アルツハイマー病の発症に活性酸素が関わっていることは科学的にもわかってきており、これを除去できる水素は脳領域においても医学的効果を期待できるといっていいでしょう。アミロイドβタンパク質の存在下で活性酸素の存在率が上昇しますし、これが脂質を酸化することで線維化して水に溶けにくくなり、脳内に蓄積してアルツハイマー型認知症の発症原因になります。

 

水素医学領域の研究は浅く、水素(H2)が生体にどのような影響をあたえるのか解明されていない部分が多いようです。よって、医療に用いるメディカルガスとしての研究も着々と進められています。活性酸素を除去することによって美肌になったりダイエット効果を高めることはよく知られていますが、ネット上にあまりとりあげられない医学分野における水素ガスの活躍をまとめていきます。

水素水に期待される医学的効果、メディカルガスとしての水素について記事一覧

アルツハイマー病に深く関わるアミロイドβタンパク質、脳内で不溶性の繊維となって蓄積することで脳機能に傷害をもたらすとされています。また脳細胞質内に存在する脂質が異常に酸化されて生じるリポフスチン(不溶性色素)が増えることでアミロイド繊維も増えていくことが分かっています。脂質とは非常に酸化されやすい物質で、活性酸素の存在下でどんどん酸化されてしまいます。細菌の研究ではアミロイドβタンパクの存在下で活...