ビタミンと同様の抗酸化作用、さらには脳内にも入り込める水素の働き

アルツハイマー病の直接的な原因となる不溶性タンパク質のアミロイドβタンパク質の存在下で活性酸素の存在量も高いことから、活性酸素自体がタンパク質の線維化を促進していることも考えられますし、酵素の働きを阻害して、アミロイドβタンパク質の排除を遅らせていることも考えられます。

 

また、脳内の脂質が異常に酸化されることで不溶性色素に変貌し、こちらも脳細胞の機能を著しくて低下させてアルツハイマー病の原因になること分かってきています。

 

いずれにしても、正常な働きをしているタンパク質や脂質が酸化されることで異常をきたし、脳の病気の原因となっています。つまり、アルツハイマー病等を予防するには不必要な酸化反応を起こさないようにすることが望ましく、その一原因となっている活性酸素の存在量を低下させることが有効です。

 

ビタミンCやEは抗酸化作用を示し、活性酸素と反応して水に変化させます。しかし、ビタミンC・Eともに分子サイズが大きく、脳への関門となる血液脳関門(BBB)を通過することはできません。

 

>> 脳の門番・血液脳関門(BBB)を通過できる水素でアルツハイマー病予防

 

さらに、ビタミンCは水に可溶なため排出されやすく、食物からの摂取量が少ないと体内で不足していきます。緑黄色野菜と果物を摂ることを意識した食生活を心がけていれば問題ないのですが、忙しい現代社会においてなかなか難しいことだと思います。

 

さらには、食物から摂取された抗酸化作用を示す物質の大半は、BBBを通過できず脳内まで到達できません。つまり、アルツハイマー病を促進する脳内の活性酸素排除に有効とは言えないのです。そこで注目されているのが水素の働き、体に悪い活性酸素のヒドロキシラジカルを選択的に還元するとされています。最小の気体分子でもありBBBを通過できますし、不必要に他の生体分子と反応することもなく、不要になった分は体外へ自然と抜けていきます。

 

ガスタンクに水素をためて毎日期待を吸い込むのは難しいので、私たちが気軽に水素を摂取する方法として注目されるのが、水に溶かしこんだ水素水をいつも飲んでいる天然水に置き換える方法です。非常に水に溶けにくい気体ではありますが、特殊なフィルターを通過させてより気体が溶けやすい状態にし、そこに圧力をかけて水素を溶かしこむ技術も確立されているので、化学反応により作った水素水のように危険な物質が混ざりこむこともなく安全性も確保されていて安心に飲み続けることができます。