水に溶けにくく保存が難しい水素を体内で発生させる発想が素晴らしい

水素の抗酸化作用の高さは誰もが認めるところで、いかにして体内に効率よく取り込むかが一つのテーマになっています。当サイトでご紹介しているとおり、おすすめの水素水は圧力をかけて限界値まで水素を水中に溶かすように努め、さらには水中から放出されやすくペットボトルを貫通するため、アルミ製の容器に保存することが主流となっています。

 

こんな苦労を一気に解消してくれることを期待されているのが、錠剤・カプセルタイプの飲料用水素パウダーです。錠剤を水に溶かした時に発生する水素量はドリンクタイプと遜色ない結果が得られており、タレントの郷ひろみさんも愛飲されるほど、若さを保つサポートをしてくれます。

 

胃の中で水素を発生するということは化学反応が起きて熱を放出することを意味しますが、この点も心配いりません。ジワジワと胃の中で反応するように設計されており、一定時間に放出される熱量も非常に少ないので、水素カプセル・錠剤を飲んだ場合にも違和感を覚えることもないですし、もちろん健康を害することは一切ありません。

 

錠剤・カプセルタイプの医薬品と同じように考えてください。口の中で長時間形を保つことができ、食堂を通過して胃に到達した時点で初めて溶け出すようになっています。

 

大ヒットした酵素ドリンクと組み合わせた商品なども開発されており、有効性が認められながらも応用が効かなかった水素の使い方に風穴を開けてくれました。

 

この発想が素晴らしいですね。どうしても原型である気体に注目しがちですが、それと同等の抗酸化効果を期待できる形を追求し、パウダータイプやそれらを収めたり固めた、カプセル・錠剤に至っているわけです。

 

健康食品業界で開発されているパウダータイプをはじめ、水素を発生させる商品は少ないので、これからの新商品に大きな期待が膨らみます。こちらではそれら新商品をはじめ、既存のもので美容や健康にお役立ていただける情報が入りましたら随時更新していきます。

 

→ 水素カプセル・錠剤の参考商品はこちら