数ある水素水の中からスパシアを推薦する4つの理由

細胞の働きを弱めて体全体に悪影響をおよぼす活性酸素、コラーゲンやエラスチンを破壊して美肌とは程遠い状態にしていきますし、それにともなった水分量を維持できなくなってもっちり艶肌感が失われていきます。

 

また細胞の働きが低下すると新陳代謝の低下やエネルギー代謝量が少なくなって痩せにくい体質へとだんだん変わっていきます。活性酸素は目に見えて極端に悪い症状を及ぼすものではないのですが、着実に体全体を蝕んでいく厄介者です。

 

これを退治してくれるのが還元力の高い水素水であって、有名雑誌やTVメディアに取り上げられてからはダイエッターを中心に愛飲されるようになりました。そして商品数が増えてなにがなんだかわからない状況になりつつありますが、数ある水素水の中でもスパシアをおすすめする4つの理由をまとめましたので参考にされてください。

化学処理をせず安心安全、加圧式水素溶存法を採用

非常に見ずに溶けにくい水素を水中に溶かしこんで逃げない状態にするのは大変難しいものです。そこで電極をつっこんで電気を流し水を電気分解する方法で水素を発生させた商品もありますが、副産物が有害ですし、電極付近に発生する有害金属なんかを綺麗に取り除かないと、健康水どころか体に悪い水素水にもなりかねません。

 

各メーカーが採用しつつあるのが圧力をかけて水素を強引に水中へ溶かしこんでいく方法です。これを加圧式(圧力をかける)水素溶存法(水素を溶かして維持する)とよんでいます。添加物などもつかわず有害物質が発生する要因がないので安心して飲み続けることができます。

 

ただ、圧力をかけただけでは水中に入った水素が大気中へ逃げ出していってしまいます。そこで開発されたのが、水の集合体をナノクラスター化する方法です。

ナノクラスター化して水素が大気中へ逃げにくくした

水分子はそれぞれが集合して群衆(クラスター)になります。クラスター内部に入り込めれば溶けた状態になるのですが、水素には極性とよばれるものがなく入り込むことはおろか水分子に包み込んでもらうこともできません。

 

ただ、このクラスターをくだいてしまえば水素が水分子に包み込んでもらって水素H2を内包したH2Oのクラスターができやすくなりますし、分子レベルでいろいろ作用して水素が溶けやすく逃げにくい環境がつくられます。

 

水素水を選ぶときに水自体がナノサイズにくだかれているかどうかは重要な選択肢になります。

名水の宝庫・立山連峰の湧き水を使用

ミネラルウォーターとしてたくさんの種類が販売されている立山連峰の湧き水をつかっているので美味しい水素水になっています。この天然水をナノクラスター化して、その後加圧して水素を溶かしこんだのがスパシアなんです。

内容量が多いのに安い

上記3つを満たしていることが水素水選びの基本となります。安すぎる水素水の場合、含有量が少なかったり電気分解で生成したものかもしれません。また、天然水だとしてもよくわからない水源のものを使用している可能性もあります。容器に安いペットボトルなんか使用していたら放置しておくだけでどんどん水素がボトルを貫通して逃げていってしまいます。

 

スパシアはコストのかかる上記3つを満たした上で量が多くて安いです。ただし、水素の力を最大限に発揮するためにもなるべくなら飲みきって欲しいので、一パック550mlを飲みきれる方には強くオススメできます。女性でも夏になれば楽に飲み干せるでしょうからいいですね。

関連ページ

楽天・ヤフー・アマゾンで販売中の高濃度水素水スパシアは本物?
高濃度水素水スパシアの公式通販サイトでは販売業者が株式会社アスウェルとなっていますが、楽天・ヤフー・アマゾンにおいて異なる業者名で販売されているスパシアは本物か偽物のなのかまとめてみました。
高濃度ナノ水素水「スパシア」定期コースのご案内
アスウェルさんの水素水スパシアの定期コースについてご案内します。