ペットボトル入り水素水は単なる天然水になっているかもしれない

最近はアルミパウチまたはアルミボトルが主流になっているのでペットボトルに入った水素水をみかけなくなりましたが、もしそのような商品を購入予定であれば要注意です。もしかしたら、完全に水素が抜けきった単なる天然水になっているかもしれません。

 

なぜならペットボトルのすきまはアルミ製より大きく、そこから水素のみが抜けていってしまうからです。ペットボトルの化学名はポリエチレンテレフタレートでポリエステルと呼ばれる非常に長い高分子の一種です。長いものがブルグル複雑にからみあったりしてペットボトルを形作っています。

 

想像しにくいので単純に紐に置き換えてみましょう。紐を複雑に絡めていけば、水を入れる容器のように何らかの形をつくることができます。ただし、粘土と違って紐を絡み合わせていったときにはたくさんの隙間を生じることでしょう。全く同じことがポリエチレンテレフタレートで作ったペットボトルにも言えるわけです。つまり、目には見えない無数の隙間がペットボトルには存在することになります。

 

そこから水は通り抜けられないのですが、水素H2のように非常に小さく水に溶けにくいきたいですと、どんどん水中から大気中へ逃げていこうとしています。ですので、容器がペットボトルだと放置しておくだけで水素が逃げていってしまいますし、太陽光のもとに置いておいて水が温まってしまったり、流通過程で何らかの衝撃を加えて泡だったりすると、水素の動きがかっぱつになってさらに水中から逃げていこうとする力が働きます。

 

ゆえに、水素水を選ぶときにはかならずアルミパウチまたはアルミボトル容器の商品にしましょう。

 

>> 水素水を選ぶ大切な4つのポイント

 

リンク先でもまとめましたが、容器については「水素含有量が多く、水中から水素が逃げにくい」の項目にまとめてあります。その他にも生成方法や水源などチェックすべき点がありますので、参考にしていただければ幸いです。

関連ページ

アルミパウチとアルミボトルの違いで水素水の効果に差が生まれるのか
水素水の容器として使用されるアルミパウチとアルミボトル、今だにペットボトルも少しありますが、これらの違いで水素水の効果効能に何らかの差が生まれるのでしょうか。